ランジェリー・水着のお手入れ方法
お気に入りのランジェリーや水着のお手入れ方法ガイドです。
お気に入りのアイテムを長持ちさせるためにも、手洗いがおすすめ。
熱に弱いライクラ(スパンデックス)を多く含む水着は、乾燥機やアイロンは絶対にNGです。
ジャグジーやサウナでの着用も水着が早く傷んでしまうのでおすすめしていません。
また、日本とは異なる海外の洗濯絵表示もあわせてご紹介しています。
JIS規格の「洗濯絵表示」は、下記でご紹介しております国際規格(ISO)に改正となりました。
ランジェリー・水着のお洗濯方法
■STEP1.洗濯表示をチェック■
・洗濯表示をチェックします。水洗いが可能なものは以下の手順に沿って、優しく手洗いを行います。
 
■STEP2.やさしく押し洗い■
・ ランジェリー用洗剤をぬるま湯に溶かし、5分程度漬け置きした後、優しく押し洗いします。
※お洒落着用洗剤など柔軟剤が含まれるものは、ポリウレタンなどの伸縮素材を劣化させてしまいますのでおすすめしておりません。
色の濃いものや水着など、色落ちする場合がありますので、必ず他のものとは一緒に洗わずに、個別に洗うようにしてください。
■STEP3.すすぎ■
・たっぷりのぬるま湯の中で泳がせるようにしてすすぎを2回行います。濡れたまま長時間放置しないようにしてください。
■STEP4.脱水■
・素早く水分を飛ばすために、洗濯機(ドラム型ではおすすめいたしません)で短時間脱水します。タオルドライの場合は強く押したり絞ったりせず、優しく行います。
■STEP5.干す■
・形を整え、風通しの良いところで陰干しにします。この際ストラップをつるして干すと、水の重みでストラップが伸び、 型崩れの原因となってしまいますので、 前中心部分で半分に折ってつるして干すようにします。
洗濯絵表示について
■洗う■
Washing 洗う
■漂白■
Bleaching 漂白
■乾燥■
Drying 乾燥
■アイロン■
Ironing アイロン
■ドライクリーニング■
Drycleaning ドライクリーニング